« 退院指導と夜中の搾乳 術後4日目 | トップページ | 7月11日 大好きなばあちゃんさようなら »

6月5日 ボク君退院!

産まれてから約一ヶ月。毎日せっせと母乳を届け、一日限定45分間の面会の日々。

ボク君の体重も順調すぎるくらいに増え、初めの頃はいろいろとその日の状態の説明があったボク君も6月に入る頃には

「順調です、まったく心配ないです」

の言葉が続くようになってた(*^.^*)看護士さんからも

「ボクは頑張り屋さんだもんねぇ(^-^)それだから、保育器からも早くに出れたもんねぇ」

と言ってもらえるくらい、本当に問題なく元気な子。

ボク君より大きいのに、なかなか保育器から出られない子や心電図が外れない子もけっこういて、改めてボク君の元気さに一安心。

そんなボク君、退院予定日は「6月15日」だったのに、あまりに順調なんで、つい二日前、急に先生が

「様子を見て明後日退院しましょうか」

「はい?w(゚o゚)w」

「これだけ元気なら大丈夫!」

とお墨付きをもらい、なんと10日も早い退院となりました。

もう、慌てた慌てた(笑)15日のつもりでいたから、赤ちゃんの支度は7日、8日の土日に準備するつもりでいたのに、急に二日後に帰ってくるとは…!

実家のお母さんも、ばあちゃんの看病なんかで忙しくて、赤ちゃんの支度は同じく土日にと考えていたから、上を下への大騒ぎ。

慌てて西松屋さんに飛び込んで、布団・哺乳瓶・ミルク・ミルトン・おしめ等、最低限必要な物をドカンと4万円分の買い込み

そして、晴れて今日という日を何とか迎える事ができました(^-^;

で、5日当日。ボク君が退院する時、初めに抱っこしてほしいのは絶対にガンで闘病中のばあちゃんにと決めていたので、早速お母さんと一緒に6階の病室にばあちゃんを向かえに行く。

先生から、入院中の経過の説明を受け、看護婦さんからミルクやウンチの様子を聞いたら退院です。

表口まで、看護婦さんがボク君を連れてきてくれて、早速車椅子のばあちゃんにパス!

すかさずお母さんが、携帯で写真をパチリ!

ばあちゃんは、最初で最後であろう抱っこをとても、とても喜んでくれた。

「落とすと困るから」

と言ってボク君を私に渡そうとする目にはうっすらと涙が浮かんでいました

にほんブログ村 マタニティーブログへ 退院のお祝いにポチッと

|

« 退院指導と夜中の搾乳 術後4日目 | トップページ | 7月11日 大好きなばあちゃんさようなら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 退院指導と夜中の搾乳 術後4日目 | トップページ | 7月11日 大好きなばあちゃんさようなら »